忍者ブログ
since 2007 10 24  読み書き、見聞き、したもの。など。 twitter https://twitter.com/takagi_toshi
[444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [434
 嘉田知事会見について。

 理念として次のようなことを述べた。

 「いま日本では将来への不安や、政治への失望、不審が渦巻いています。この不安を安心に、不審を信頼に、失望を希望に変えなければいけません。私たちは国民の皆さんの、いまのままでは選ぶ政党がない。新しい極をつくります。名前は日本未来の党。このままでは私たちは国としての品格を失ってしまいます。世界は私たちを見ております。福島は終わっていません。確実に原発から卒業しなくてはなりません。」として「福島への愛」を語ったうえで、「同時に、世界へ希望を発信していかなくてはならないと思います」、「国民の皆さんの政治への信頼を取り戻すためであります」と述べる。

 はたして政策的に不安を安心にすることなどできるのだろうか。
 政治への失望、不審は信頼や希望に変えるべきことなのだろうか。選ぶべき政党がないという現実は、それほど否定されるべきことなのだろうか。
 ましてやこの国が品格を持っていたことなどあるのだろうか。あるとしてその品格というのはいったい何に依って立つのだろうか。そもそも国の品格というのはなんだろう。国が品格などを語り始めるとき、それはむしろろくでもないことになるのではないか。

 嘉田氏に「メルケルになってください」という声がどこかにあった。EUのもと例えばギリシャやスペインではむしろ社会的な矛盾が激化している。
 福島原発による被曝、特に内部被曝を全面的に捉えるならば、必ず広島・長崎の封印されてきた内部被曝の問題に対することになる。それは敗戦直後の米軍によるプレスコードによる封印から、核政策に突き進む日本政府の思惑を含めて、戦後史を覆すことになる。そうした覚悟はあるだろうか。あるいは安保条約を破棄し、沖縄の米軍基地を全面撤去できるだろうか。国内原発の稼働を止めたとして、日本を「支えてきた」と言って過言ではないような日立、東芝、三菱などのメーカーの原発輸出を止めることができるだろうか。実効性の問題ではなく、その覚悟と立場はあるのだろうか。

 不安、失望、不審は、突き抜けられるべきものではないか。それは一票というものに封印されるものなのだろうか。
 不安や失望、不審が、根本的に今日の社会のありように根差しているのであるならば、それを糊塗することにいったいどういう意味があるだろうか。そのシステムごと根こそぎ変えてしまうほかないのではないか。チュニジアから始まった大きな動きは不安、失望、不審を突き抜ける道を、少なくともその一つの示唆をみせてくれたのではないか。

 私はむしろ、中途半端な希望や信頼などもたない方がずっといいと思う。不安、不審、失望。そうしたものの行きつく果てで、そのどろどろと渦巻くものが一挙に反転するような地点で、そこではじめて希望というものが現前する。人が行動するのは、そこに希望を託するからでは、必ずしもない。むしろ本当にこの社会を変えるような根源的な一つの行動は、絶望の行き着く果てで、絶望も枯れ果てるような地点で、それ以外に何もなしうることがないところから生まれるのではないだろうか。そうした人間の力はあるのだと思う。それをこの間、目の当たりにし、また感じてきたのだと思う。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
要点を押さえた主張に共感します。原発と原爆の関係、原発輸出の問題、絶望から希望が生まれるしかないギリギリの日本の状況。できれば民衆への被害がすこしでも小さくなることを祈るばかりです。
michiyoshi 2012/11/29(Thu)09:18:55 編集
Re:無題
こんなメッタに誰もコメントありがとうございました。
先ほど党首討論の様子をyoutubeでみましたが、確かに嘉田さんは他の政治家とはちょっと違う印象は受けます。けれどもどうなんでしょうね。私には一票という行動で変化させられるほどこの国の病は簡単ではないように思います。個々の政策ならば、例えば消費税増税などであれば投票という行動は有効だろうなとは思うのですが、もっともっと状況は根っこからダメになっていると思えてなりません。


>要点を押さえた主張に共感します。原発と原爆の関係、原発輸出の問題、絶望から希望が生まれるしかないギリギリの日本の状況。できれば民衆への被害がすこしでも小さくなることを祈るばかりです。
【2012/12/01 03:52】
<< 空爆下のガザ HOME 無題 >>
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[10/15 Nobuo Hunaki]
[06/13 ETCマンツーマン英会話]
[11/29 michiyoshi]
[07/08 みずほ]
[06/29 エコミ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takagi toshiyuki
性別:
男性
自己紹介:
いまはぼつぼつベンヤミンの本を中心に読んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]