忍者ブログ
since 2007 10 24  読み書き、見聞き、したもの。など。 twitter https://twitter.com/takagi_toshi
[9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
 山本義隆の『磁力と重力の発見』を読んでいるとそう思った。
 けれど、それは彼がおもしろいと思ったということなのだろう。ウィリアム・ギルバートとデッラ・ポルタ、それからケプラー。ペレグリヌスやロバート・ノーマン。近代物理学が生まれてくる、その前史において果たした役割は各々小さくはない。ギルバートだって決定的にな役割は果たしている。果たしてはいるが、山本義隆の記述は楽しそうではない。それにしても磁力と物活論がこれほど重要な役割を担っていたとはまるで知らなかった。

 『16世紀文化革命』。『磁力と重力の発見』のいわば続編になる。自然科学者(だったというべきだろうか?)からみたルネサンス論になっているらしい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[10/15 Nobuo Hunaki]
[06/13 ETCマンツーマン英会話]
[11/29 michiyoshi]
[07/08 みずほ]
[06/29 エコミ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takagi toshiyuki
性別:
男性
自己紹介:
いまはぼつぼつベンヤミンの本を中心に読んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]