忍者ブログ
since 2007 10 24  読み書き、見聞き、したもの。など。 twitter https://twitter.com/takagi_toshi
[493]  [492]  [491]  [490]  [489]  [488]  [487]  [486]  [485]  [484]  [483
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だいたい森有正のパスカル論(全集8巻)とフーコーの『監獄の誕生』とマルクスの『ヘーゲル法哲学批判序説』とアランの『四季をめぐる51のプロポ』と小西誠の『オキナワ島嶼戦争』を並行して読むなんて言うこと自体がどうかしている。ベンヤミンの『一方通行路』は一時期、著作集版の訳と細見和之の新訳とを1行ずつ比較しながら読んでいたが、いったん挫折してしまった。その二つがかなりかけ離れた翻訳のように思えて、原文に当たらないとダメなのかな、という黒い雲のようなものが私の気分を制圧してしまったからだ。

 昨日は電車のなかで『プロポ』の「変わりやすい太陽」の1ページくらいを、なかば妄想しながら1時間くらい読んでいた。「春分・秋分の天気は荒れる。気まぐれで騒々しいのだ。変わりやすい太陽のせいである。赤道付近は中間地点で、太陽はその地点を最高速度で通過する。まるでその地点にはいられないかのように」。この「太陽の速度」とアランがいっているのは、例えば南中時の太陽の仰角の変化率で表されることだろうが、北緯49度に位置するパリにおける、地球の公転の角速度と太陽の南中の仰角の時間的変化率の関係式を導いてみたくなる(まだやってない。明日やってみる。) 文庫版で200ページくらいのものだけど、こんな読み方をしていたらいったい何年かかるんだろうか、と思う。しかもいくつも並行してしまっているし。一時期は禁欲していたのに…

 まぁでも、それでもいいかと思っているからどうにもならない。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[10/15 Nobuo Hunaki]
[06/13 ETCマンツーマン英会話]
[11/29 michiyoshi]
[07/08 みずほ]
[06/29 エコミ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
takagi toshiyuki
性別:
男性
自己紹介:
いまはぼつぼつベンヤミンの本を中心に読んでいます。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
アクセス解析
フリーエリア
忍者ブログ [PR]